【カンボジア】アンコール遺跡めぐりダイエット初日

ウォーキング

ゲストハウス専属ドライバーがおすすめです!

カンボジアへやってまいりました2日目のことです。カンボジアへ来た経緯はこちらの記事をご参照ください。 滞在中に宿泊しているゲストハウス専属ドライバーにアンコール遺跡へ連れて行ってもらいました。トゥクトゥク3日間乗り放題で合計90USドル、約1万円です。私だけのためのツアーですので、それなりにお安いかと思います。行きたかったところは、アンコール・ワット、アンコール・トム、ベン・メリア、トンレサップ湖です。これらを網羅しつつ、空いた時間はお任せしたところ、以下提案がありました。
1日目 アンコール遺跡ショートコース(アンコール・ワットのバルーン込み、アンコール・トム)
2日目 アンコール遺跡ロングコース(アンコール・ワットでサンライズからの近郊遺跡めぐり)
3日目 ベン・メリア、トンレサップ湖
3日間のアンコール遺跡めぐりダイエットです。パブストリートへ行く暇ないやん、というのは、さておき。
で、その1日目です。
朝9時にゲストハウスのレストランで待ち合わせです。日本時間だと11時です。まだ日本時間で生活してますので、楽勝です。朝活してから待ち合わせしました。朝活はこちらの記事をご参照ください。
はじめにアンコール遺跡に入場するためのチケットを購入します。1日券37USドル、3日券62USドル、7日券72USドルとあります。3日券を購入しました。ちゃんと顔写真も載るチケットです。ビザもそうでしたが、小さなカメラが置いてあって、知らないうちに写真撮影されます。以前はビザを取るために証明写真をもっていく必要があったらしいのですが、今や、その場で写真撮影してくれます。なんだかIT化が進んでますなぁ。チケット売り場も連れて行ってくれて、購入方法も教えてくれます。至れり尽くせりです。総額90USドル(約1万円)で専属ドライバーがついてくれるならよさそうです。前夜に乗せてもらったミニバイクの兄ちゃんから50USドル/日って提案もらってたので。ゲストハウス専属ドライバーがおすすめです!

アンコール・ワットでインチキガイドと友達になった話

最初の目的地はアンコール・ワット近くにあるバルーンです。気球に乗って、アンコール遺跡を一望するんです。高所恐怖症の私としてはありえない選択です。ですが、普段できない体験をするんだと決めて行くことにしました。バルーン乗り場に到着すると、なんと現在メンテナンス中で2019年10月は乗れないとのこと。え?故障してるってこと?そんなに長い間?疑問符だらけでしたが、高い所へ行かなくて済んだという安堵感半端ない。じゃ、仕方ない。次へ行きましょう。そのままアンコール・ワットへ。アンコール・ワットのワットとは寺院のことです。アンコール・ワットの付近でトゥクトゥクを停めて、2時間後に戻って来いとのこと。さすが、時間配分よくお分かりで。いよいよアンコール・ワットです。入り口でチケットを見せて入場します。入る前から圧巻です。写真でよく見る遺跡です。ホンマに来た。アンコール・ワットの外観はこうなります。でーん!

そして、中に入りました。像の手足や顔がないんです。手足や顔のない像はこうなります。でーん!

手足や顔のない像

昔、北斗の拳のホンマに終わりの方(修羅の国編の後)で光帝バランっていうアニメ化されていない頃の話なんですが、そこに出てきた像を思い出しました。あれも確か手足や顔がありませんでした。そんな北斗の拳でラオウの息子リュウの母親は誰やったんだろうとか想いを馳せていたところ、知らない人から英語で話しかけられました。 漫画やドラマでよくありそうなシーンです。「こちらの像は腕がとられているんです。」的な解説から始まり、「どちらからいらっしゃったんですか?」って、さりげなく個人情報を取られます。英語なんで、たぶん、そんな意味やったと思います。で、日本から来たことを伝えると、急に親日な話をしてきます。日本が好きで、日本語の勉強をしているとか、台風の被害は大丈夫でしたか?とか。この人本当に日本が好きなんだなぁって伝わってきました。途中からたどたどしい日本語でカンボジアの歴史とか教えてくれました。いいよ英語で。英語の方が分かりやすい。とか思いながらも、日本語がんばって話そうとしてるので、聞いてあげましたけど。その後、アンコール・ワットの撮影スポットへ案内されて、パノラマで写真を撮ってくれました。そもそもパノラマで写真を撮る方法から教えてくれました。で、パノラマで撮ったらこうなります。でーん!

これ、縦横逆なんは知ってるんやけど、どうやったら横になってくれるか分からへんからそのまんまにしますね。さらにアンコール・ワット内部を案内してもらい、手足、頭が完全に残っている奇跡の像の前で祈祷してもらいました。途中、個人的な話までして、半年前まで日本人の彼女がいたらしく、今は独り身でお金がないと結婚できないみたいな話を聞いてました。カンボジアの言葉も教えてもらいました。
ありがとう(日本標準)=おおきに(大阪標準)=おーくん(カンボジア)
似てますね。
元気です(日本標準)=息災ばい(薩摩標準)=そくさばーい(カンボジア)
似てますね。
アンコール・ワットに入ってから2時間近く経ち、そろそろというところ、たぶん、お金払わないとあかんやろな。2,3USドルくらいかなぁ。とか思ってたら、やはりお金を請求されました。で、いくらよ?って聞くと、It’s up to you.お前次第だ。って言われます。ほな、2USドルでどう?っていうと、ありえなーい。足りないあるよ、みたいな感じのことを英語で言われます。じゃ、なんぼならええねん、みたいな感じで英語で聞いてみると2,000円は必要ですねーって。このお金でもっと日本語上手になって、もっとたくさんの日本人を喜ばしたいとか言ってます。ほな、最初からそう言えよ。と心の中で毒づきつつも、授業料かつ投資やと思って20USドル払ってあげました。日本円もうないし。。。
格言。「親身になって話しかけられてもNO GUIDEで通すこと!」
その後、Facebook友達になりました。せっかく投資してあげたので、今後、カンボジアへ行くお友達にはこの人を紹介しよう。その際は値切ろう。ちなみにインチキガイドさんのお名前は日本語の読み方だと麻生さんって言います。 「あっそう。」っていう話でした。

アンコール・トムとその周辺遺跡めぐり、やっぱりねっこが好き

アンコール・ワットを後にして、アンコール・トム(バイヨン、バプーオン、王宮~ピミアナカス、ブリア・パリライ、テップ・プラナム、像のテラス)を歩き回りました。さらにタ・ケウ、タ・プローム、バンテアイ・クディ、スラ・スランとアンコール・トム周辺の遺跡をめぐり、終了。やっぱりねっこが好きです。遺跡に木の根っこが絡みついてるところです。根っ子たちの写真はこうなります。でーん!

根っ子たち

たくさん写真撮って、たくさん歩きました。これは確実にダイエットになったことでしょう。パブストリートは次回へ持ち越しとなります。

まとめ

ゲストハウス専属ドライバーは比較的安価に行きたいところへ連れて行ってくれます。おすすめです!

アンコール・ワットではインチキガイドがいます。格言。「親身になって話しかけられてもNO GUIDEで通すこと!」 せっかく投資してあげたので、今後、カンボジアへ行くお友達にはこの人を紹介しよう。その際は値切ろう。

アンコール・トムおよびその周辺の遺跡をめぐりましたが、やっぱりねっこが好きです。たくさん写真撮って、たくさん歩きました。これは確実にダイエットになったことでしょう。

広告リンク

D22 地球の歩き方 アンコール・ワットとカンボジア 2019~2020 [ 地球の歩き方編集室 ]

価格:1,870円
(2019/11/1 22:39時点)
感想(6件)



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ



4 件のコメント

  • […] カンボジアへやってまいりました3日目のことです。カンボジアへ来た経緯はこちらの記事をご参照ください。 3日間のアンコール遺跡めぐりダイエットを行いました。日程は下記の通りです。1日目 アンコール遺跡ショートコース(アンコール・ワットのバルーン込…2日目 アンコール遺跡ロングコース(アンコール・ワットでサンライズからの近郊遺跡めぐり)3日目 ベン・メリア、トンレサップ湖 で、その2日目となります。朝5時からスタートです。朝5時と言っても日本時間は7時。日本時間で生活している私としては4時に起きるのは問題なし。4時から準備して、5時に待ち合わせ。6時に日の出です。向かうはアンコール・ワット。昨日も行ってるから場所は分かってます。池の前に人が集まってます。やっぱり撮影スポットは池の前のようです。アンコール・ワットのサンライズはこうなります。でーん! […]

  • […] カンボジアへやってまいりました4日目のことです。カンボジアへ来た経緯はこちらの記事をご参照ください。 3日間のアンコール遺跡めぐりダイエットを行いました。日程は下記の通りです。1日目 アンコール遺跡ショートコース(アンコール・ワットのバルーン込…2日目 アンコール遺跡ロングコース(アンコール・ワットでサンライズからの近郊遺跡めぐり)3日目 ベン・メリア、トンレサップ湖 で、その最終日となります。最終日は、もっとも楽しみにしていたベン・メリアです。ここは天空の城ラピュタのモデルとなったという噂があるそうです。シェムリアップ市街から車で約2時間かけて移動します。長旅です。しかも、トゥクトゥクです。トゥクトゥクって、荷馬車の馬がバイクに変わったようなもんです。なので、たくさん風を受けて走ります。これが爽快なんです。ベン・メリアまでの道は舗装されていないところも多く、タクシーの方がよいという情報がちらほらあります。しかし、実際にはそれほどでもなく、快適にベン・メリアまで辿り着くことができました。ドライバーの腕がよいのもあるかもしれません。穴とかちゃんとよけて走ってくれるんです。ほんと、ホスピタリティに満ちたドライバーさんです。ベン・メリアはアンコール遺跡とは別の入場券が必要です。チケットを購入して、いよいよベン・メリアに入場しました。地球の歩き方によると最初は右側へ行くはず。右側へ行くとさっそく木の根っ子に遭遇しました。嬉々として写真を撮っていると、ガイドさんっぽい方に声を掛けられます。「そっちは入り口じゃない」って。地球の歩き方の地図を見ると右側のはずなんやけどなぁ。「こっちへ来い」って左側へ連れていかれます。左側へ行くとこうなります。でーん! […]

  • […] カンボジアへやってまいりました5日目のことです。カンボジアへ来た経緯はこちらの記事をご参照ください。 3日間のアンコール遺跡めぐりダイエットが終わりました。シェムリアップで過ごすのは残り2日です。ついに念願のパブ・ストリートへ行けます。パブ・ストリートはこうなるはずです。でーん! […]

  • […] カンボジアへやってまいりました6日目のことです。カンボジアへ来た経緯はこちらの記事をご参照ください。 3日間のアンコール遺跡めぐりダイエットが終わりました。そして、5日目についにパブ・ストリートを堪能することができました。記事はこちら。シェムリアップで過ごす最終日です。最終日はゲストハウス専属ドライバーさんの提案により、クーレン山へ行くことにしました。それと、前夜に居酒屋で日本人現地ツアーガイドさんからおすすめされた地雷博物館とプレ・ループのサンセットにも行ってもらえるよう交渉しました。1日50USドル(別途入場料20USドルが必要)です。なんでもクーレン山はまだ地雷が残っており、車をチャーターし、信頼できるガイドをつけるよう地球の歩き方に書いてありました。これまでの実績からトゥクトゥクでゲストハウス専属ドライバーさんで大丈夫だろうと信頼することにしました。まずはクーレン山です。途中からトゥクトゥクで入れず、バイクにして2ケツで上ります。でっかい仏像があったり、 川底に リンガと呼ばれる男性の性器を模した彫刻があるリンガリバーを見たり、クーレン山を楽しみました。中でも滝は圧巻です。クーレン山の滝はこうなります。でーん! […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    1975年兵庫県産。 170cm 72kg→57kg→64kg 大学卒業後、就職を機に上京。 都内に住む。 二人の子持ち。 ごく平均的なサラリーマン。