175°DENO担担麺 TOKYOはシビれ好きダイエッターにおすすめ!

175°DENO担担麺 TOKYO
ラーメン

ウォーキング途中に175°DENO担担麺 TOKYOを訪問した

ウォーキング途中に美味しそうなお店を探して立ち寄る、今回、ご紹介するのは「175°DENO担担麺 TOKYO」という担々麺のお店です。「ひゃくななじゅうごどでのたんたんめんとうきょう」って読みます。食べログはこちらです。

都営大江戸線の新宿西口駅から新大久保方面へ少し歩いたところにあります。お店の外観はこうなります。でーん!

175°DENO担担麺 TOKYO

白を基調としたお店はめっちゃオシャレです。

カウンター席は隣同士がアクリル板で仕切られており、一蘭の仕切りが透明になったようで、感染症対策バッチリ安心です。

白ごま担々麺(汁なし)の「すごくシビれる」と糖質オフ麺を注文した

注文は券売機で購入します。初めての訪問だからとりあえず、一番最初に掲載されている商品にしようと、白ごま担々麺(汁なし)の「すごくシビれる」と糖質オフ麺にしました。

ダイエッターなら100円追加して糖質オフ麺。間違いないです!

商品券を購入すると、水と紙エプロンを持ってカウンター席へ。お茶もありましたが、「水」と言われたので律儀に水を持っていきます。

カウンターで麺の量(並/中)、辛さ(0/1/2)、スープ(濃厚/あっさり)を聞かれます。

麺の量は並。ダイエッターが中は注文できません。

辛さは「2」。どっちが辛いのか分からなかったので「辛い方で!」って言ったら、「シビれが2ですが、大丈夫ですか?」と確認されました。そんなに辛いのか?「じゃ、2で」と回答。

スープは「あっさり」にしました。おっさんに濃厚なのはしんどいのです。

 

黒ごま担々麺(汁なし)の「すごくシビれる」と糖質オフ麺を食べた

注文後、待つこと8分くらいで、出てきました。糖質オフ麺は少しだけ時間がかかるようです。

白ごま担々麺(汁なし)の「すごくシビれる」と糖質オフ麺はこうなります。でーん!

黒ごま担々麺(汁なし)

白ごまちゃいますやん。黒ごまですやん。

実は、店員さんが持ってきてくれたときに「黒ごまで作っちゃいました」とのことでした。「黒ごまでも大丈夫ですか?黒ごまのほうが高いんですけど、料金そのままでいいので。」って。

特に白黒のこだわりはなかったし、作り直してもらうのも申し訳なかったんで、「いいですよー」って、受け取ったのでした。

カウンターに食べ方の説明書きがありました。

汁なしの場合は、麺の底から15回以上かき混ぜるとのことです。

かき混ぜるとこうなります。でーん!

汁なし担々麺を混ぜた

汁なしなのにめっちゃ汁が飛びます。紙エプロンは必須です。

さらにラー油と一味をかけるとこうなります。でーん!

汁なし担々麺にラー油と一味をかけた

辛そう!

で、食べてみると、辛いというよりもシビれます。唇に電流が流れている感じです。

糖質オフ麺ということで罪悪感なく食べられます。しかも、しっかりコシがあり、本当にオフ麺か?というくらい気にならずに食べることができました。

ラー油があるのとないのとで食べ比べてみると、ラー油があるほうが旨味が断然違います。ラー油は必須です。一味はシビれててもうよく分からなくなっています。

帰りがけに店員さんから「シビれは足りました?」って聞かれました。どんだけシビれ好きと思われていたのか。「めっちゃシビれました!ごちそうさんでした」ってお伝えして帰りました。

麺の量が並、汁なし、糖質オフ麺ということで、満腹感が得られるのかという心配もありましたが、全く問題ありません。しっかりと満腹感が得られ、夜ごはんは食べなくてすみました。

 

まとめ

175°DENO担担麺 TOKYOは如何でしたでしょうか。

  • 糖質オフ麺だから罪悪感なく食べられる
  • 「すごくシビれる」でシビれを楽しめる
  • 夜ごはんを食べなくてすむくらい満腹感を得られる

ということで、シビれ好きダイエッターにおすすめです!

お店の食べログはこちらです。ホームページはこちらです。

 

広告リンク

新商品 西山製麺 175°DENO 味噌担担麺 2人前 生ラーメン 坦担麺 坦々麺 みそラーメン 自宅 簡単 本格ラーメン 即席 ラーメン 北海道 本場 札幌 西山ラーメン

価格:484円
(2021/1/21 20:05時点)
感想(0件)