大阪名物ピッコロカリー

ピッコロカリーは梅田に生まれて半世紀の洋食屋さん

御堂筋線難波駅から難波ウォークへ入ってすぐ左にある「ピッコロカリー」。

大阪梅田に生まれて半世紀だそうです。

自称、大阪名物「ピッコロカリー」だそうです。

カリーだけでなく、オムライスもあります。

昔ながらの洋食屋さんといった感じでしょうか。

カウンターだけの小スペースです。

注文したのは、スタンダードビーフカリー 630円。

ライス260g、ルー220gです。

スパイシーな中にもコクのある味に仕上げたスタンダードカレーだそうです。

やはり、はじめてのお店ではスタンダードなものから注文したほうが無難なので。

 

これがスタンダードビーフカリーだ!

スタンダードビーフカリーがやって来ました。

でーん!

お店のロゴが入ったお皿がお洒落です。

ちょっぴりスパイシーです。

まさにカレーではなく、カリーって感じですね。

そして、昭和の香りがするくらい深いコクです。

ビーフが抜群に柔らかいです。

口の中で糸がほぐれていくような食感です。

 

これぞ大阪人情!

スタンダードビーフカリーを頬張っていると、お客さんが財布を忘れて探しに来たっぽいです。

無事あったようです。

お店の方が預かっていたようです。

お客さんはお礼にお金を払おうとし、お店の方はいいんですよーって、やり取りしてました。

なんか、大阪っぽいやり取りやなぁ、ってほのぼのして見てました。

東京やったら、お金渡しても帳簿つけづらいのではないかと勝手に忖度して、お礼の言葉だけになりそう、というのは私の勝手な思い込みかもしれませんが。

そこを敢えてお礼の気持ちまで金額に表現する。

これぞ、大阪人情ですな。

知らんけど。

 

まとめ

ピッコロカリーは梅田に生まれて半世紀の洋食屋さん。

スタンダードビーフカリーはスパイシーな中にもコクのある味に仕上げたスタンダードカレーだそうです。

昭和の香りがするくらい深いコクです。

ビーフは口の中で糸がほぐれていくような食感です。

お礼の気持ちまで金額に表現するのは大阪っぽい。知らんけど。

 

広告リンク

D'slim~ディズリム~  LPパターン2

広告リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブロトピ:今日の料理・グルメ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です