精肉店が手掛ける和牛専門店「ル・パヴェ」のハンバーガー

精肉店が手掛ける和牛専門店「ル・パヴェ」

神楽坂駅近辺にある「ル・パヴェ」。

お店の外観はこんな感じです。

クリスマスリースがついてます。

緑色がもみの木みたいなとってもお洒落なお店です。

ここは精肉店が手掛ける和牛精肉店だそうです。

ハンバーガーにひかれて、以前から何度も店先で足を停めておりました。

ついに初訪問です。

 

ハンバーガーはバンズとお肉を選びます

ハンバーガーは1,500円もします!

きっと美味しいはず。

ハンバーガーは三種類のバンズと三種類のお肉から選びます。

さらに別料金でトッピングもつけられます。

3×3の9種類の組み合わせを楽しめます。

バンズは真ん中の白いやつにしました。

ピザの生地と同じでもっちりしてるそうです。

お肉は真ん中の黒毛と赤毛の中間にしました。しっかりしたお肉の味がするそうです。

トッピングはなし。

 

ハンバーガーの登場!

そして、いよいよハンバーガーの登場です!

でーん!

白いです。

スイスのパンみたいです。

ポテト用のトマトソースと色合いが合います。

こちらは包装紙。

牛と女の子が抱き合ってます。

なんか可愛い。

そして、本田宗一郎さんの質問「牛の角はどこにある?」の答えが書いてあります。

耳の上にあるんですね。

成功の秘訣は「よく観ること」。

これで、私も成功すると暗示をかけます。

はい、閑話休題。

包むとこうなります。

そして、食べるとこうなります。

玉ねぎが甘い!

トマトが瑞々しい!

お肉が肉々しい!

そして、バンズがもっちり食感。

想像を絶する食べ応えです。

1,500円でもいいか、と思えてきました。

今度は茶色い如何にもバーガーというバンズにジューシーな黒毛にしたいと思いました。

 

まとめ

精肉店が手掛ける和牛専門店「ル・パヴェ」は神楽坂にあります。

ハンバーガーは三種類のバンズと三種類のお肉から選びます。

包装紙をよく観ると、牛の角はどこにあるか分かります。

甘い玉ねぎ、瑞々しいトマトに和牛は想像を絶する食べ応えです。

次回はベーシックなバンズと黒毛に挑戦します。

 

広告リンク

D'slim~ディズリム~  LPパターン2

広告リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブロトピ:今日の料理・グルメ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です