小江戸「川越」食べ歩きダイエット

日本酒試飲、だんご買い食い、豆試食!

小江戸と呼ばれる川越で食べ歩きです。食べるために歩く!まさに太らないダイエットにぴったりです。出発は東武川越駅。小江戸を目指して歩きます。普通の住宅街を歩いていくと、いい雰囲気の酒蔵がありました。ききざけ処「昭和蔵」といいます。500円でワンコインが購入できます。ワンコインで四種類の日本酒を自販機で試飲できます。埼玉県は清酒の出荷量が全国5位(たまに4位)なんですね。ちびちび日本酒の試飲を楽しんでからまた歩きます。仲町交差点の少し手前にある団子のお店に立ち寄ります。まずは、ぶしかつだんごを買い食いします。鰹節と鶏節から選べます。鶏節にしました。鶏節とは鶏肉を鰹節と同じ製法で作られたものです。鶏節のぶしかつだんごはこうなります。でーん!

ぶしかつだんご

食感、味もとに鰹節と同じです。違いが分からないおっさんなもんで。もちもちたんごにさくふわ香ばしい鶏節のハーモニーが美味しかったです。店内にイートスペースがあります。ゴミは捨てられないので、なるべく店内で食べるのが荷物を増やさなくてよいでしょう。仲町交差点まで行くと美味しそうな豆のお店があります。試食で食べ歩きです。わさびが一番美味しかったです。

カレー食べ歩き、ヤオコー美術館でおはぎ、銭湯でソースかつ

いも恋を食べ歩きつつ、時の鐘を横目に小道を左に入ります。すると、なんと、カレーの食べ歩きができるお店があるではないですか。お店の名前はjam3281といいます。食べ歩きできるカレーは、その名も「お散歩カレー」です。お値段は600円です。お散歩カレーはこうなります。でーん!

カレー食べ歩き

めっちゃ、映えるやつです。お野菜たっぷり、その下にカレーとライスが入っていて、容器の下の方は熱々です。美味しくて、しっかりボリュームもあります。腹ごしらえができ、jam3281近くの喫茶店「あぶり珈琲」で一服したところで、ヤオコー美術館を目指して、また歩きます。なんでヤオコー美術館かというと、そこにおはぎがあるからです。ヤオコー美術館は、氷川神社から先の川を渡ったところにあります。これがまたオシャレな建物なんです。ヤオコー美術館では三栖右嗣(みすゆうじ)さんの絵が展示されています。どことなく物悲しい感じのする絵です。絵を鑑賞したらお楽しみのおはぎです。一緒にお抹茶もいただきます。ヤオコー美術館でおはぎとお抹茶はこうなります。でーん!

ヤオコー美術館のおはぎとお抹茶

おはぎの甘いあんことがお抹茶とよくあいます。外はオシャレな池です。魚もいます。絵とおはぎを堪能した後は、氷川神社でお参り。おみくじの鯛をつりました。その後、菓子屋横丁を冷やかしていた頃にはお腹が一杯で何も食べれません。最後に川越湯遊ランドでお風呂につかってお腹を減らします。締めはソースカツです。ソースカツはこうなります。でーん!

ソースカツ

地味ー。でも、B級グルメ感が半端ないです。お風呂でお腹をすかせたのにまたお腹一杯になりました。

まとめ

小江戸「川越」の食べ歩きは如何でしたでしょうか。ご紹介したところをまとめますね。

日本酒の試飲ができるききざけ処「昭和蔵」

仲町交差点手前にあるぶしかつだんご(お店のページが見つからなかった。ごめんなさい!)

まめ屋川越店

いも恋

お散歩カレーjam3281

あぶり珈琲

ヤオコー美術館

川越氷川神社

川越温泉湯遊ランド

美味しいものを食べるためのダイエット。食べたらそれ以上歩け!食べた分歩かないと太るでー。

広告リンク

川越に宿泊するならホテル三光

[myphp file=’common_ad’]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です