【バリ島】7.7km歩いてからのプリ・ルキサン美術館めぐり後ビュッフェ

ウォーキング

テガラランからプリ・ルキサン美術館まで徒歩7.7km約1.5時間リベンジ

テガラランの宿泊先ホテルからウブドー市街にあるプリ・ルキサン美術館まで徒歩7.7km約1.5時間。田舎道を延々と歩きました。ホテルへ行きつけなかったリベンジです。行きつけなかった記事はこちら。歩いていると、車とバイクの交通量が半端なく多いです。歩いてる人は私以外他にいません。なんか間違ってるかもしれません。でも、リベンジ。リベンジ。そして、ダイエット。ダイエット。これはやせるでーと思いながら歩きました。途中、水を買いました。7,000ルピア。多分、50円くらい。それで1,000mlくらいあります。ペットボトル入れに入り切りません。地方の売り場は安いです。歩いてるとヨガ道場をたくさん目にしました。バリってヨガできるんや。あー、でも今回はリベンジや。7.7km歩き切ってやる。そう思いながら、水をがぶ飲みしながらなんとかプリ・ルキサン美術館へ辿り着きました。

プリ・ルキサン美術館は落ち着いて笑いたい方におすすめ!

プリ・リキサン美術館はこうなります。でーん!

プリ・ルキサン美術館

残念ながら作品は撮影禁止です。看板でご容赦ください。プリ・リキサン美術館のまわり、つまり、ウブドーの市街地は観光客でごっつい賑わってます。超やかましいです。ですが、プリ・ルキサン美術館へ入ると別世界。静かなんです。おっさんにはほっと落ち着くいいところです。美術館の入場料を払って、順番に回ります。どうやら歴史の古い順に回るようです。昔の絵画からそうなんですけど、日本の絵画に近いと思いました。輪郭があるところや色彩が鮮やかなところです。日本の漫画家さんで言ったら、水木しげるさんやさくらももさんの絵と似ていると思いました。なんか、シュールなんです。見てたら笑えてくるんです。落ち着いて笑いたい方におすすめです!

プリ・ルキサン美術館でビュッフェ

プリ・ルキサン美術館を彷徨うこと数時間。だいぶ、歩き疲れてきました。休憩できそうな机と椅子へ向かおうとしたら、お一人様はあちらですーって。違うところへ案内されました。へい、へい、お一人様ですよーだ。って思いながら、お一人様のところに行くと、なんと、美術館の入場券で食べ放題だそうです。プリ・ルキサン美術館のビュッフェはこうなります。でーん!

プリ・ルキサン美術館のビュッフェ

飲み物は別料金だそうです。ビンタンビールを頼みつつ、ビュッフェを楽しみました。ビンタンビールと配膳した食事はこうなります。でーん!

プリ・ルキサン美術館の食事

辛いスープが絶品でした。またしても、食べるためダイエットになってしまいました。

まとめ

宿泊先ホテルからプリ・ルキサン美術館まで徒歩7.7km約1.5時間リベンジしました。

プリ・ルキサン美術館は静かで落ち着けます。絵画はシュールで笑えます。落ち着いて笑いたい方におすすめです!

美術館の入場券で食べ放題しました。またしても、食べるためダイエットになってしまいました。

広告リンク

D25 地球の歩き方 インドネシア 2018~2019 [ 地球の歩き方編集室 ]

価格:1,870円
(2019/11/11 23:01時点)
感想(3件)



このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキング